サン建築工房:エコショップブログ


北九州市の建築会社、サン建築工房が運営するOMエコショップ・サンのスタッフが住まいづくりレポートやイベント情報などを発信します。記事に関するお問い合わせ:093-592-2114
by sunkenreform
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エコショップ。

★OM ecoshop SUN BLOGへようこそ★

ご覧くださりありがとうございます!


こんにちは。
今月もあと少しで終わりますね。。。


今日はエコショップのディスプレイを替えました。

桑の実工房さんのガラス系の作品がメインです110.png

b0112371_14312567.jpg
8月23日(木)~26日(日)10:00-16:00
月瀬八幡宮
夏の展示会を開催されるそうですので、
ぜひ、ご来場ください♪

b0112371_14313049.jpg
b0112371_14312700.jpg
毎年、たくさんの方が来場されるそうです。
楽しそうなイベントです177.png



話は変わりますが、、、

先日、お客様のお家で整理収納のお手伝いをしました。
奥行が深い収納の収納方法がわからない」というお悩みでした。

そのときの写真をすっかり撮り忘れたのですが、、、
私は〝ギャラリーのような収納を心がける〟ということをお伝えしています。

どういうことかと言いますと、、、
お店のようなディスプレイで食器を配置すると意外とカタチが崩れないということです。


エコショップの棚を使ってみたのですが、(わかりづらい。。。)

まずは、棚の位置を変えます。
意外と、みなさん入居したときのままの棚の位置だったりします。

今、ダボ穴が真ん中にあります。
b0112371_14311434.jpg
一つだけずらしてみます。

b0112371_14311905.jpg
真ん中にある時の棚の位置。
b0112371_14311785.jpg
一つずらすと上部の空間が広くなります。
b0112371_14312281.jpg
同じ位置に配置しているのですが、
全体に上段は奥に置いている器が見えにくいです。
b0112371_14310150.jpg
一段下げるだけで、奥の器やマグカップが見えますね。

b0112371_14310539.jpg
ちょっとわかり辛くてすみません。。。

上部の空間を広くすると、全体的に見やすく、取りやすくなります。
ポイントは基本的に同じ食器は重ねますが、違う食器は重ねない!です。

b0112371_15033054.jpg
このように、普段使う頻度が高い食器を上段の取りやすいところに置くだけで、
プチストレスが解消されます109.png

見やすいし、取りやすいし、仕舞いやすいのです。

食器の数が多い方も1回の食事で全ての食器を使いませんので、
使う分だけを取りやすいところに置くことを心がけましょう。

『収納は8割』常に頭の片隅に置いていてください。





[PR]
by sunkenreform | 2018-07-27 15:12 | エコショップブログ | Comments(0)
<< 新入荷。 改装工事完工。 >>